内装から外構まで!建築工事の流れとポイントを理解しよう

query_builder 2024/04/25
この記事では、建築工事の一連の流れとそれぞれの工程、内装から外構までの重要なポイントを解説します。初めての建築工事を控えている方や、知識を深めたい方の参考になることを目指しています。

有限会社𠮷岡土建

logo

関東圏内を中心に建設業のご依頼を承り、家屋の基礎工事や外構工事、道路の新設・舗装を行う土木工事などを幅広く手掛けております。事業の更なる発展を目指し、有限会社𠮷岡土建では新たな正社員の求人をスタートいたしました。拠点を置く川口にて、皆様のたくさんのご応募をお待ちしております。

有限会社 吉岡土建
住所:
川口市上青木西2-6-18
電話番号:
048-254-6729

建築工事って何?基本的な流れを知ろう

まずは、建築工事の基本的な流れについて押さえておきましょう。ここで理解を深めることで、具体的な工程がより理解しやすくなります。

設計フェーズの重要性

建築工事を成功させるための重要な要素の一つが、設計フェーズです。設計フェーズでは、建物の形状、機能、デザインなどが具体化され、実際の工事の指針となるプランが立てられます。

設計フェーズでは、建物がどのようになるのかをイメージするための図面が作成されます。建築家や設計士が建物のコンセプトや要望を考慮し、最適なプランを提案します。また、法規制や安全基準なども考慮しながら、設計が進められます。

この設計フェーズが重要な理由はいくつかあります。まず、建物の形状やデザインが一度決まってしまうと、後から変更することは難しくなります。そのため、設計フェーズで細部まで検討し、住みやすさや機能性を追求することが重要です。

また、設計フェーズでは予算の適正化も行われます。建物の大きさや素材、設備などを考慮し、コストを最適化することが求められます。予算を適切にコントロールすることで、無駄な出費を防ぎ、建築工事全体の効率を高めることができます。

さらに、設計フェーズで十分な議論と検討が行われることで、工事中の問題や課題を事前に予測することができます。これにより、工事中にトラブルが発生するリスクを軽減することができます。

設計フェーズは、建築工事のスムーズな進行を実現するための重要なステップです。適切な設計は、建物の品質や耐久性にも直結します。そのため、建築工事を始める前に、設計フェーズを丁寧に行うことが求められます。しっかりと相談し、要望を伝えることで、理想の住まいを実現することができるでしょう。

施工フェーズへの移行

設計フェーズが終わると、建築工事は施工フェーズに移行します。施工フェーズでは、設計で作られた図面や計画をもとに、実際の建築作業が行われます。

まず、施工フェーズでは土木工事が行われます。土地の整備や地盤改良など、建物を支えるための基礎工事が行われます。また、配管や電気工事、通信設備の敷設なども同時に進められます。

次に、骨組み工事が行われます。鉄骨や木材を組み合わせて建物の骨組みを作り上げます。これにより、建物の形状や構造が具体的になっていきます。

その後、建物の外壁や屋根の施工が行われます。外壁の塗装やタイル張り、屋根の防水工事などが行われ、建物の外観が整っていきます。

内部の工事も同時に進められます。配管工事や電気工事、内装工事などが行われ、建物の機能性や快適性が向上していきます。床や壁の仕上げ、建具の取り付けなども施されます。

最後に、建物の仕上げ工事が行われます。床や壁の塗装、クロス貼り、照明器具の取り付けなどが行われ、建物の見た目や雰囲気が完成に近づいていきます。

施工フェーズでは、建物の形状やデザイン、機能性を具現化するために、多くの職人や作業員が協力して作業を進めていきます。施工フェーズでは、設計フェーズで作られた計画や図面を正確に実現するため、図面の確認や現場の調整が欠かせません。

施工フェーズの成功は、建物の品質や耐久性に直結します。そのため、施工フェーズでは品質管理や安全管理にも十分な注意が払われます。定期的な検査や確認を行い、工事が適切に進行しているかをチェックすることが重要です。

施工フェーズは、建築工事の最も肉体的で実践的な部分です。設計が理想を形にするための土台を築いたのに対し、施工フェーズでは実際の建物を生み出していきます。施工フェーズの工事が順調に進むことで、建物が完成に近づき、住まいの具体的な姿が浮かび上がってきます。

内装工事の流れをつかもう

次に、内装工事の流れとそのポイントについて解説します。内装工事は住まいの快適性を大きく左右します。

下地工事の役割

内装工事では、まず最初に下地工事が行われます。下地工事は、壁や床の平滑化や補修、耐久性や仕上げ材の密着性を確保するための重要な工程です。

下地工事では、まず壁や床の表面を均一にするために、コンパクトな下地を作ります。不均一な部分や凹凸を均すために、モルタルやコンクリートなどの材料を使用して、下地をつくります。

この下地作りの重要なポイントは、水平や垂直の線を正確に測りながら作業することです。正確な水平や垂直を保つことで、後の仕上げ工事がスムーズに行われ、美しい仕上がりを実現することができます。

また、下地工事では補修作業も行われます。壁や床にクラックや穴がある場合は、補修材を使って修繕を行います。これにより、建物全体の耐久性や美観を高めることができます。

さらに、下地工事では仕上げ材の密着性を高めるための処理も行われます。下地には、塗料やタイル、クロスなどの仕上げ材が貼られるため、仕上げ材との密着が重要です。下地に適切な下地処理を施すことで、仕上げ材の長期間の耐久性や安定性を確保することができます。

下地工事は、内装工事にとって欠かせない重要な工程です。下地がしっかりと整えられていることで、仕上げ工事のクオリティが向上し、建物全体の品質が向上します。

下地工事の役割は、美しさだけでなく機能性にも関わっています。例えば、壁の下地がしっかりしていないと、耐久性や断熱性に問題が生じる可能性があります。床の下地が崩れていると、床材の接着や平坦性に影響が出ることもあります。

そのため、下地工事では丁寧な作業と注意深さが求められます。しっかりとした下地を整えることで、内装工事全体の品質を向上させ、快適で耐久性のある空間を実現することができます。

仕上げ工事で快適な空間を

下地工事が完了すると、内装工事の仕上げ工事が行われます。仕上げ工事では、壁紙の選択や床材の選択など、室内の雰囲気や快適性に大きな影響を与える要素が取り扱われます。

まず、壁紙の選択が重要です。壁紙は室内の雰囲気や印象を左右するため、適切な色や柄を選ぶことが求められます。明るい色を選ぶことで、部屋を明るく広く感じさせる効果があります。また、質感や耐久性も考慮することで、長期間美しさを保つことができます。

次に、床材の選択が行われます。床は日常的に使用されるため、耐久性やメンテナンス性が重要な要素です。また、快適な歩行感や断熱性なども考慮しながら、木材やタイル、カーペットなどの床材を選択します。素材の特性を理解し、室内の目的や使用状況に合わせて適切な床材を選ぶことが大切です。

仕上げ工事では、照明器具の取り付けも行われます。照明は室内の明るさやムードを左右するため、適切な位置や光の色温度を考慮して設置されます。間接照明やスポットライトなど、効果的な照明デザインを取り入れることで、空間の表情を豊かにすることができます。

また、建具や取手などの付属品も仕上げ工事の一環として設置されます。ドアや窓の開閉感やデザインは、室内の快適性や利便性に影響を与えます。また、建具の色や素材も室内の統一感やデザインテーマに合わせて選ぶことが重要です。

仕上げ工事では、室内空間の快適性や美しさを追求するために、細部まで丁寧な仕事が求められます。壁紙や床材、照明器具や建具など、各要素が調和し、統一感のある空間を作り上げることで、住まいの魅力や快適性が高まります。

仕上げ工事は、内装工事の最終段階であり、住まいの個性を引き立てる重要な工程です。素材選びや配色の調和、デザインの視点などを考慮しながら、理想の室内空間を実現することが目指されます。細部へのこだわりと緻密な作業によって、快適で魅力的な空間を作り上げることができます。

外構工事で快適なお庭を

家を本当に自分だけのものにするためには、外構工事も欠かせません。外構工事でお庭の改善を行いましょう。

外構工事の意義

外構工事は、敷地全体を活用し、より良い生活環境を実現するために必要な工程です。住まいの外側を美しく整えることで、家族や訪れる人々が心地よく過ごせる空間を作り出すことが目指されます。

まず、外構工事の意義は、家の表情を整えることです。外構工事では庭や門、塀、道路などの設計や施工が行われます。これらの要素は、建物と一体化し、まるで絵画のような美しい景観を創り出すことができます。美しい外観は、住まいの印象に影響を与え、周囲の景観にも調和させることができます。

また、外構工事は機能性の向上にもつながります。例えば、玄関周辺のデザインやアプローチの整備によって、訪問者を迎える空間を快適にすることができます。また、駐車スペースや物置スペースの設置など、生活に便利さをもたらす工夫も行われます。

さらに、外構工事によって安全性の向上も図られます。門や塀の設置により、外からの侵入や盗難などのリスクを軽減することができます。また、適切な照明設備の設置も安全性を向上させる一環です。

外構工事は、住まいをより快適で魅力的な場所にするために欠かせない工程です。緑豊かな庭園や美しいデザインの門、丁寧に整備された道路などは、日々の生活に癒しや喜びをもたらすだけでなく、家族や友人との共有スペースとしても重要な役割を果たします。

外構工事には、用途やデザインに合わせた計画と、地域の法規制や環境への配慮が必要です。周囲の景観や生活環境と調和しながら、自分らしい理想の外構を実現することが求められます。外構工事は、住まいの魅力や機能をより一層引き立たせ、快適な生活を実現するための重要な要素と言えるでしょう。

外構工事の具体的な工程

外構工事では、庭づくりや門や塀の建築、道の設置などが行われます。ここでは、外構工事の主要な工程について解説します。

まず、庭づくりが行われます。庭は家の一部であり、リラックスや遊びの場として活用されます。植栽計画や花壇の配置、敷地の地形に合わせた段差や階段の設置など、庭が理想的な空間となるように工夫されます。

次に、門や塀の建築が行われます。門は家族や訪問者を迎え入れる要素であり、建物のエントランスとして重要な役割を果たします。門柱の設置やデザイン、門扉の取り付けなど、セキュリティ性やデザイン性を考慮した工事が行われます。塀も同様に、建物の周囲を囲む役割を果たします。塀の高さや素材、デザインは、周囲の景観に合わせて選ばれます。

また、道の設置も外構工事の重要な工程です。敷地内の利用や利便性を考慮し、車や歩行者の通行がスムーズに行えるように道路の配置や幅、舗装の仕様が決定されます。安全性や耐久性を考慮しながら、最適な道路環境を整えることが求められます。

さらに、外構工事では照明の設置も行われます。外構照明は、夜間の安全確保や美しい景観の演出に重要な役割を果たします。適切な場所に照明の設備を配置し、効果的な光の演出を行うことで、夜間でも快適で魅力的な外観を作り出すことができます。

最後に、植栽や庭のメンテナンスの提案が行われます。植栽の選定や配置、庭の手入れ方法などが提案され、美しい庭園の維持管理についてのアドバイスが行われます。長期的な視点でのメンテナンス計画やアフターサービスも含め、住まいの外構工事全体が完成します。

外構工事では、庭や門、道路などの要素が組み合わさり、住まい全体の魅力や機能性を高めるための工程が進められます。周囲の環境に調和しながら、自分らしい理想の外構を実現するため、デザイン性や実用性を考慮した工事が行われます。

建築工事の安全性について知ろう

建築工事は安全管理が重要です。安全性について理解しておきましょう。

工事中の安全管理

建築工事中の安全管理は、作業員の安全確保と順調な工事の進行を実現するために重要です。工事現場では、高所作業や重機の使用など、様々な作業が行われるため、事故や怪我の発生リスクが潜んでいます。

安全管理の一環として、現場での安全教育が行われます。作業員は、作業前に安全に関する指導や研修を受けます。具体的な作業手順や危険箇所の認識、安全装置の使用方法などについて、十分な理解を深めることが求められます。また、作業員は必要な防具を着用し、安全帯やヘルメットなどの安全装置を適切に使用します。

現場監督や安全担当者は、作業現場での安全な作業環境を整えるために様々な対策を行います。例えば、危険な場所をフェンスやバリケードで封鎖し、不要な立ち入りを防止します。また、作業現場の整理整頓や安全標識の設置なども行われ、作業員が安全に作業できる環境を整えます。

さらに、定期的な安全点検や安全会議も行われます。現場の安全性をチェックし、必要な対策を実施することで、事故やトラブルの防止と工事のスムーズな進行が図られます。作業員が安全に働くことができれば、工事の品質と完成度も向上します。

工事中の安全管理は、全ての作業員と関係者の安全を確保するために欠かせません。危険箇所への意識付けや適切な安全対策の実施など、現場全体で安全意識を高めることが重要です。安全管理の徹底は、順調な工事の進行だけでなく、作業員の健康と安全を守る大切な責任です。

完成後の安全性

建築工事が完了した後も、建物の安全性を保つことは重要です。完成後の安全性を確保するためには、適切な品質管理と定期的なメンテナンスが必要です。

まず、品質管理は工事の最終段階で行われます。建築基準法や各種規制に基づき、建物の耐震性や耐火性、断熱性などの機能が適切に満たされているかがチェックされます。また、建築材料や設備機器の品質も確認され、適切な製品が使用されていることが確認されます。品質管理は、建物の安全性だけでなく、住み心地や快適性にも影響を与えます。

完成後の安全性を保つためには、定期的なメンテナンスも欠かせません。建物の劣化や故障、異常などが発生しないよう、定期的な点検や保守が必要です。特に建物の耐震性や電気設備、水回りなどは重要な要素ですので、定期的なチェックや修繕が行われることが求められます。また、外部からの影響や自然災害などに対しても、適切な対策を講じることが重要です。

定期的なメンテナンスの計画立案や実施は、建物の所有者や管理会社の責任です。メンテナンススケジュールの設定や専門業者の協力を得て、適切な管理を行うことで、建物の安全性を維持し、長期的な使い勝手と耐久性を確保することができます。

建物の完成後は、長い期間にわたって安全に使用されることが期待されます。定期的なメンテナンスや安全点検の実施は、建物の劣化やトラブルの予防、住まいの環境と安全性の維持に繋がります。安全性を確保するためには、建物の管理者や住民の意識と協力が不可欠です。安全な生活環境の確保と快適な住まいを保つために、適切な管理とメンテナンスを行いましょう。

建築工事にかかるコストを把握する

最後に、建築工事にかかるコストとその内訳について理解しておきましょう。これにより、予算の決定や見積もりの理解などがスムーズになります。

工事全体のコストとは

建築工事のコストは、設計費や施工費、材料費などから構成されています。これらのコスト要素を理解することで、予算の設定や見積もりの理解がスムーズになります。

まず、設計費は建築設計や図面作成に関わる費用です。建物の仕様やデザイン、構造計算などを考慮し、建物のコンセプトを具現化するために必要です。設計費は、建物の規模や複雑さ、設計業者の経験や知識などによって変動します。

次に、施工費は実際の建築工事の費用です。建物の土木工事や骨組み工事、内装工事などの施工にかかる人件費や資材費などが含まれます。施工費は、工事の規模や仕様、建物の構造や設備などによって大きく異なります。

さらに、材料費も重要なコスト要素です。建材や設備機器、内装仕上げ材など、建物の完成に必要な素材や機器の費用が含まれます。材料費は、品質やデザイン、取り扱いメーカーなどによって価格が異なります。

これらのコスト要素を把握することで、建築工事全体のコストを管理することが可能になります。予算の範囲内で工事を進めるためには、設計費や施工費、材料費などをバランス良く調整しながら、最適なコストのアロケーションを行う必要があります。

建築工事のコストを把握することで、予算の設定や見積もりの理解が容易になります。また、コストの詳細を把握することで、工事費の節約やコスト削減のポイントを見つけることも可能です。建築工事は大きなプロジェクトですが、各コスト要素を理解し、適切な予算設定とコスト管理を行うことで、理想の住まいを実現することができます。

内装工事・外構工事のコスト

内装工事や外構工事も、建築工事のコストの一部を占めます。内装工事のコストは、壁紙や床材、建具や照明器具などの仕上げ材に関連します。内装工事のコストは、素材の種類や品質、デザインの要求度によって大きく異なります。豪華な素材やデザインを選ぶと、その分費用が高くなります。

一方、外構工事のコストは、庭の造成や門や塀の建築、道路の設置などに関連します。外構工事のコストも、庭の広さや植栽の種類、門や塀のデザイン、道路の長さや幅などによって変動します。外構工事のコストは、造成する空間の大きさや利用目的に合わせて計画されます。庭園や造園などのデザイン要素にこだわると、その分費用が高くなることがあります。

内装工事と外構工事のコストは、建物全体のコストに対して一部を占めるため、バランスの取れた予算配分が重要です。内装工事や外構工事にかかるコストは、建築や設計の段階で計画し、予算を設定する必要があります。希望や優先順位によってコストを調整することで、予算内で理想の内装や外構を実現することができます。

建築工事のコストには、内装工事や外構工事も含まれるため、これらのコストを適切に管理することが重要です。建物の品質やデザインを損ねることなく、予算内で工事を進めるためには、しっかりとしたコストの予測と計画が必要です。内装工事や外構工事におけるコストの把握と適切なコスト管理を行いながら、理想の建築を実現しましょう。

まとめ:成功する建築工事のために

この記事では、建築工事の基本的な流れとコスト、安全性について解説しました。

工事の理解は成功の第一歩

建築工事を成功させるためには、工事の流れや各工程の理解が不可欠です。工事の理解は、成功の第一歩と言えるでしょう。

工事の流れを理解することで、具体的な作業がどのように進行するのかを把握することができます。設計フェーズから施工フェーズ、内装工事や外構工事までの各工程を順番に追って理解することで、工事全体の目的や重要性が明確になります。工事の流れを知ることで、現場の進捗状況を把握し、スケジュール管理や問題解決にも役立つでしょう。

また、各工程の目的や役割を理解することで、工事の重要性を実感することができます。たとえば、設計フェーズでの適切な設計によって、スムーズな工事が期待できます。下地工事や仕上げ工事での丁寧な作業が、建物の耐久性や快適性を向上させます。外構工事での美しい庭造りや安全な門や塀の設置が、住まいの印象やセキュリティ面に影響を与えるのです。

工事の理解は、建築工事を成功させるために不可欠な要素です。建物を建てる際には、建物自体のデザインや設備に関する知識だけでなく、工事の全体像や各工程の意義を把握しておくことが重要です。工事の理解を深めることで、建築プロジェクトの目標を達成し、理想の住まいを実現することができるでしょう。

コストと安全性の知識

建築工事において、コストと安全性に関する知識は重要です。コストの知識は、予算設定や見積もりの理解に役立ちます。工事全体のコストの概念や各コスト要素の重要性を把握することで、理想の建物を適切な予算内で実現することができます。

一方、安全性の知識は、工事中の事故防止と安全な作業環境の確保に欠かせません。作業員の安全確保や安全基準の遵守を実現するために、安全対策や適切な安全装置の使用方法などについての理解が求められます。

コストの知識は、設計費や施工費、材料費などのコスト要素を把握することから始まります。建物全体の予算を適切に配分し、無駄な費用を削減するためには、建物のデザインや仕様に応じたコスト管理のスキルが必要です。

安全性に関する知識は、工事中のあらゆるリスクに対する予防策や対応策を理解することから始まります。作業現場の安全管理のためには、安全教育の実施や適切な安全装置の使用方法などに関する知識が求められます。これによって、作業員の安全確保や事故の防止が図られます。

コストと安全性の知識は、単なる理論だけでなく、実践的な経験や専門知識を身につけることで深まります。建築工事に関わるすべての関係者は、コストと安全性のバランスを考慮しながら工事を進める責任があります。コストを抑えつつ安全性を確保することで、建物の完成度や住み心地を高めることができるのです。

次の一歩

ブログを読み終わったあなたには、建築工事に関して一通りの知識が身についたはずです。

工事会社との話し合い

建築工事を進める上で、工事会社との話し合いは重要なステップです。自身の理想や要望を伝え、最適なプランを検討することが求められます。

まず、工事会社とのコミュニケーションは、工事の目的や希望を明確にするために重要です。自分が求める住まいの理想像や生活スタイル、予算などを具体的に伝えることで、工事会社は適切な提案やアドバイスを行うことができます。

また、工事会社との話し合いでは、施工スケジュールや工期についても確認することが必要です。工事の開始日や完了予定日、各工程の進捗状況などを明確にすることで、工事のスムーズな進行を図ることができます。

さらに、工事会社との話し合いでは、見積もりや契約内容についても確認することが重要です。工事費や支払い方法、契約書の内容などを詳細に確認し、納得のいく形で契約を締結することが求められます。

工事会社との話し合いは、信頼関係を築くためのものでもあります。相互の意見や要望を尊重し合い、円滑なコミュニケーションを図ることが成功への近道です。率直な意見や疑問、不安な点は、工事会社に遠慮せずに話すことが大切です。

工事会社との話し合いは、自分だけでなく家族や生活を共にする方々にも関わる大切なプロセスです。自分の理想や要望をしっかり伝え、工事会社とのコミュニケーションを通じて、最適なプランと工事の進行を目指しましょう。

工事のスケジューリング

工事のスケジューリングは、工事の開始日や期間を決定する重要な要素です。工事会社との話し合いにおいて、具体的なスケジュールの確認が行われます。

まず、工事の開始日を決定する際には、自身のスケジュールや周囲の都合、工事会社の予定などを考慮する必要があります。また、工事に伴う騒音や振動などの影響を最小限に抑えるためにも、周囲の住民への配慮が重要です。

工事の期間も確定させることが大切です。工事の規模や内容、工期に関する契約内容などを踏まえて、工事の予定期間を決定します。工期は工事がスムーズに進行し、予定通りに工事を完了するために重要な要素です。

工事のスケジューリングは、工事の進行や工程管理にも影響を与えます。進捗状況の確認や工程の調整、指揮命令の適切な伝達など、スケジュールを意識しながら工事が進められます。適切な工事スケジュールにより、工程の重複や遅れを最小限に抑え、工事の効率化を図ることができます。

工事のスケジューリングは、工事会社との協力と連携を通じて決定されます。コミュニケーションを密にし、工事会社の意見やアドバイスを取り入れながら、最適なスケジュールを策定しましょう。

正確なスケジュールの設定は、工事の進行における重要な要素となります。計画的なスケジュール管理により、工事の予算管理や資材の調達、スタッフの人員配置などもスムーズに行われ、工事全体の品質と効率を向上させることができます。

最後に

建築工事は大規模なプロジェクトですが、しっかりと各工程を理解し、適切な計画と準備を行えば、スムーズに進行し、理想の住まいを実現できます。

自分だけの住まいを

自分だけの住まいを実現するためには、建築工事を成功させることが重要です。自分の理想や要望を具体化し、工事会社との綿密なコミュニケーションを通じて、理想の住まいを形にすることができます。

建築工事の流れや工程を理解し、コストや安全性に関する知識を身につけることも大切です。予算の適切な計画やコスト削減のポイントを把握することで、予算内での工事が実現できます。また、安全性を考慮した工事の進行や定期的なメンテナンスの実施は、住まいの品質や耐久性を保つために不可欠です。

自分だけの住まいを実現するためには、工事会社との話し合いを重視しましょう。自身の要望や希望を明確に伝え、適切なプランやスケジュールを検討することが重要です。工事のスケジュールや進行状況を確認することで、工事が順調に進むことを確保しましょう。

自分だけの住まいを手に入れるためには、専門家のアドバイスや意見を活用することもおすすめです。建築家や設計士、工事会社の経験や専門知識を活かして、より理想の住まいを実現することができます。

自分だけの住まいは、快適性や機能性だけでなく、個々のライフスタイルや好みにも合致したものであるべきです。工事を通じて自身の理想を実現し、家族や訪れる人々が心地よく過ごせる空間を作り出しましょう。自分だけの住まいは、新たな生活のスタート地点となり、日々の暮らしを豊かにすることでしょう。

これからが始まり

これから工事が始まることで、新たな生活が始まります。工事を通じて自分だけの理想の住まいを実現することができるでしょう。工事の成功は、建物の品質や耐久性だけでなく、快適な生活環境を築くための大きな一歩です。工事の進行を楽しみ、工事会社とのコミュニケーションを大切にしながら、理想の住まいを手に入れましょう。新たな生活のスタートラインに立ち、工事が終わった後も定期的なメンテナンスや管理に努め、安全で快適な住まいを維持することが大切です。これからの新しいステージを楽しみながら、自分だけの理想の住まいで充実した日々を過ごしましょう。

有限会社𠮷岡土建

logo

関東圏内を中心に建設業のご依頼を承り、家屋の基礎工事や外構工事、道路の新設・舗装を行う土木工事などを幅広く手掛けております。事業の更なる発展を目指し、有限会社𠮷岡土建では新たな正社員の求人をスタートいたしました。拠点を置く川口にて、皆様のたくさんのご応募をお待ちしております。

有限会社 吉岡土建
川口市上青木西2-6-18